たいくつしのぎ

アクセスカウンタ

zoom RSS アテッサ

<<   作成日時 : 2008/04/12 23:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本日、アテッサが復帰しました。
喉なりの手術後の初出走ということもあり期待半分、怖さ半分といったところでの観戦となりました。ラフィアンのHPの動画では、以前よりも喉なりの音が小さかったこと、各予想紙、新聞で喉なりの手術をしたとのコメントが無かったことから久々にウインズへ馬券を買いにいきました。(ワイドでしたが(^^ゞ)
レースは、1コーナーから先頭にたちスローの逃げをとる形に・・・楽な逃げに見えましたが4コーナーから伸びず後続に差され6着(9頭立)となりました。ペースと勝った馬が2番手の馬でしたのでもっと粘れたはずとは思いますが、手術前のレースよりは踏ん張りが利いていたように感じました。騎手も喉がなっていた事は認識していましたが、それが大きな原因では無さそうとのコメント。次走再度期待したいと思わせるレースでした。

久々のウインズ銀座でしたが、中の込み具合はあまり変わらないような気がしましたが、ウインズの回りは人が少なくなったような・・・・またやはり平均年齢はUP・・・。なにか打開策はないものでしょうか?

話は変わって昨年から大井競馬で「海外既走馬の転入制度」が同入され、初めての出走馬が今日出走して6着だったそうです。昨年の大井競馬場でのJBCクラシック他の冠名を使用させないことまで検討された火種でしたが押し切られた形になったのでしょうか?結局は生産者は弱い立場で諦めたと言う事なのですかね??
JBC創設の意味、生産者と地方競馬が共に反映するようにと企画された競馬の祭典ですが結局は、いくら主催が生産側であるといっても母屋を借りている身で名ばかりの主催者なのでしょうか・・・・・・。
※JBCの冠名使用を許可するというニュースが聞かれた後どうなったか?私自身眼にすることが無かったので和解をしたのかどうかも私は認識していませんので思い込みだけかもしれません・・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アテッサ たいくつしのぎ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる