たいくつしのぎ

アクセスカウンタ

zoom RSS ラフィアン 在厩馬近況(10/17)

<<   作成日時 : 2008/10/17 21:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

カンナは、今週府中牝馬Sに出走。調子は休養前に比べて良いようで、少しは期待できそうですが、鞍上と手があうでしょうか?
スターリーは、11/1に向けて調整中。順調のようでレースが楽しみです。
ジェネシスは、先週新馬勝ち。先生も2代手がけていた血統ということもあり、三代目に期待していてくれているようで次走の予定も決まりました。好走(出来れば勝って)して朝日杯に向いたいものです。

マイネカンナは、19日(日)、東京11Rの府中牝馬S・芝1800mに出走します。先週の最終レースで騎乗停止となった蛯名騎手の代わりに、確保していた吉田隼人騎手が秋華賞のエフティマイアに乗ることになり、それにより大野騎手に手綱を任せることになりました。15日(水)の追い切りは50秒フラットの好タイム。跨った吉田隼人騎手は「かなり状態が良い。福島牝馬S、ヴィクトリアマイルを使っていた頃より身体の使い方が柔い。それにいまは踏み込みに力強さがある」とコメントしていました。

マイネルスターリーは、栗東で調整中。角馬場から1800mのCウッドコースに向かう調教メニューが組まれています。京都最終週の八坂S・芝1800mに向けた追い切りを開始しました。しっかりした踏み込みに好感が持てます。「連勝したときと同じ状態をキープできている」と加用師。手綱を取った調教助手は「きちんと手前を替えていたし、もたれる癖も見せなかった。これは調子が良いサイン」とコメントしていました。

マイネルジェネシスは、12日(日)に行われた京都の新馬戦に出走し、見事デビュー勝ちを収めました。スローペースに行きたがっていましたが、4コーナーを抜群の手応えで回って追い出すと、残り150mから一気に加速して後続を引き離しました。少頭数とはいえ、有力馬が集まりやすいこのタイミングで勝てたのは嬉しいことです。西浦師も「縁のある血統。本当に嬉しい」と笑顔でした。勝ち方に余裕があったようにレースを使っての反動を感じません。すでに現在は角馬場とDウッドコースを併用して乗り込まれています。次走は再来週の京都、萩S・芝1800mを予定。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラフィアン 在厩馬近況(10/17) たいくつしのぎ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる