たいくつしのぎ

アクセスカウンタ

zoom RSS 本当に何とかならないものか?

<<   作成日時 : 2008/10/19 08:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の東京スポーツに騎乗停止の処分での騎手交代についての記事が

そう、今回カンナの騎手交代についてである。
実際、カンナに出資している身としては、まったく関係ないところで起きた
事から、何でそんな迷惑を受けなくてはならないのか非常に不満が残る
とこです。
まして、新聞上の以下の記事
蛯名騎手の騎乗停止であん上が白紙になっていたエフティマイアが、吉田隼騎手とコンビを組むことになった。14日、○○師は「その方向で話を進めている。オーナーも了解済み。いい人があいていた」と語った。吉田隼は、当初予定していた東京の騎乗馬をキャンセルして調整中。

「いい人があいていた」??

こんな、ふざけたコメントがあるの?非常識だと私は思いますね。
開催場のそのレースに乗る予定で無い騎手であれば上のコメントもありだと思いますがね。ただ私が直に聞いたわけでは無いのでこれ以上話すことは無いですがね・・・。

初めの記事に話は戻しますが、カンナを管理する国枝先生は、
「他馬を妨害した騎手にペナルティーが下されるのは当然だが、それが全く関係のない人たちにも悪影響を及ぼすのはいかがなものか。また競馬の主人公は馬と騎手。一方が大レースで欠落してしまうのも興行的に問題がある。騎乗停止期間の移動などこれ以上売り上げダウンをさせないためにも本腰を入れて考えなければならない」
確かにいままでのG1で騎乗停止からの乗り替わりがあり、悪い意味で馬券に影響を与えてきたと思います。
今回だって、ファンは、エフティマイアの鞍上は蛯名騎手のほうが盛り上がったはず。ましてエフティマイアは、蛯名騎手の師匠。矢野進先生の元管理馬だったのですから・・・・。
騎乗停止期間をたとえば2開催以内に実行する事とか融通の利く制度にはならないものでしょうか?確かに被害を受けた方からするとそれは甘いとの声も出るかもしれませんが全体を見ればその方が競馬のためではないでしょうか?

まあ、今回の記事を見て少し乗り替わりに関して先生は怒ってくれている事がわかり私の気持ちは少し収まりました。
でも最後に
吉田隼人騎手は「空いてなかったよ」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本当に何とかならないものか? たいくつしのぎ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる