たいくつしのぎ

アクセスカウンタ

zoom RSS ラフィアン トレセン在厩馬近況(12/19)

<<   作成日時 : 2008/12/19 21:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

各馬とも順調に乗り込まれています。シュトルム、アテッサは、来週中京で出走予定!シュトルムは前走後角田騎手の提言もあって左周りへここを勝って東京500万下とかに出走してくれると嬉しいですね〜セントポーリア賞とか(^ー^)ノ
アテッサは、前走のような競馬が出来れば期待できそうな感じなので楽しみです。
カンナは、金杯とニューイヤーS両睨み。ただマイルは向いていない気がするのですが・・・・。
スターリーも続投、年明けの新春Sへ向かいます。そろそろ勝って欲しいですね〜


マイネカンナは、美浦で調整中。坂路、ウッド、ダートコースを中心に乗り込まれています。ちょうどレースを使ったあとのゴツゴツが取れてきたところ。来週になれば歩様に柔らかみが戻ってくることでしょう。馬体も440キロまで回復していて元気もあります。次走は金杯を視野に入れていますが、同厩のMキッツも同じレースに出走を予定していることや、ハンデ、相手関係次第ではその翌週のニューイヤーS・芝1600mへ回ることも検討しています。

マイネルスターリーは、13日(土)に中日新聞杯に出走して7着でした。外枠発走も、距離ロスを最小限に抑えるようにうまく1〜2コーナーを回って先行します。終始スムーズさを欠くことなく気分良く走らせており、重賞初騎乗とはいえ丸田騎手には十分合格点を与えられる内容でした。同馬にとってもこの経験はこれからのレースの糧となってくるでしょう。レース後は使ったなりの疲れで、今週はコースで軽めに乗って疲労回復に専念。次走は年明けの京都開幕週・新春S・芝1600mが有力です。

マイネルアテッサは、13日(土)に中京で出走し、5着に入って次走への権利を確保しました。前半2ハロン目の通過タイムが23.9秒。テンのエネルギーの消耗をできる限り抑えてハナを奪う絶好の逃げだったように思えます。もう少し早く動いても良かったかもしれませんが、脚をためすぎない納得の騎乗でした。状態も良さも好走につながったのでしょう。レース後も順調です。次走は中京最終週の芝2000m。引き続いて丸田騎手が手綱を取ります。

マイネルシュトルムは、13日(土)に阪神で出走し、3着でした。前走の一叩きで行きっぷりが良化。距離延長も手伝ってハナへ行く積極的な競馬を見せたものの、直線で内外から交わされました。回転の速いフットワークが目に付いた上位2頭に対し、こちらは手先に重さのある、トップスピードの限界を感じさせる走りです。とはいえ、4着以下を離す実力はほめなければなりません。未勝利脱出をぐっと引き寄せる良い競馬でした。左にもたれていたため、乗りやすくなると思われる左回りの中京へ向かいます。最終週の芝2000mを予定。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラフィアン トレセン在厩馬近況(12/19) たいくつしのぎ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる