たいくつしのぎ

アクセスカウンタ

zoom RSS らふぃあん トレセン在厩馬近況(10/30)

<<   作成日時 : 2009/10/30 19:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フォーグは、来週の出走に向け順調そうです、脚元も異常がないようでそろそろ結果が・・・・。毎度言っているような(^^ゞ
スターリーは、脚元の腫れの為 福島記念を回避一旦鉾田へ昨年同様中日新聞杯を目指します。
シュトルムも大事をとり出走を伸ばしオリエンタル賞へ目標の変更となります。なんとかもう一回東京で走っておきたいところです。



マイネルフォーグは、栗東で調整中。ダートコースとウッドコースを中心に乗り込まれています。入厩後はキャンター調整から開始し、28日(水)には追い切りを消化。直線で少し促すとスムーズに加速していました。宮調教師は「いい意味で馬体に余裕があるので、レースまでにしっかりと負荷をかけることができる。繋靱帯を気にしているようなところもないし、いい状態でオーロCに臨むことができそう」と語っています。

マイネルスターリーは、栗東で調整中。厩舎の周囲で曳き運動を行っています。右前の球節の状態は落ち着いていることから28日(水)、試し乗りを行いました。特に悪化はしていませんが、軽い熱感があり、獣医もオープン馬なので慎重な見解を示すことから、大事をとって、いったん鉾田に移動することになりました。週末に移動する予定です。加用調教師は「レントゲンを撮ったが、ごく軽い骨膜が出ている程度で、特段問題はなかった。歩様にも見せないし、使えない状態ではないが、ここで無理をする必要はない。暮れの中京の中日新聞杯あたりを目指したい」と語っていました。
ウインザーは、先週出走し10着。なかなか見所はあったかな?といった印象でコメントのように次走の変わり身に期待です。
タイドは、今週出走。色々な新聞でスタートの時歯を折ったとか脚をぶつけたとか・・・まあ、今回実力発揮となってくれれば(^ー^)ノ

マイネルシュトルムは、京都府の綴喜郡にある宇治田原優駿ステーブルで調整中。右前球節はまだ若干腫れが残っているものの、変わらず熱感もなく、歩様にも現していません。念のため日曜日まではウォーキングマシンだけにして、月曜日から騎乗を開始。トラック2400mを乗ってから、水曜日まではハッキングで坂路1本を。きのう木曜日から坂路をハロン20秒ペースで駆け上がっています。中尾師は「球節は大丈夫だが、再来週の晩秋特別は時間的に難しい。東京4週目のオリエンタル賞あたりを目標にしたい」とコメント。再来週までには帰厩する予定です。

マイネルウインザーは、24日(土)、東京で出走し、10着でした。スタートして気合いを付けていきますが頭が高い走りで進んでいきません。それでも2ハロン目くらいからフットワークが改善されると集団に取りつけます。調教で跨り速い脚が使えないことを感じ取っていた鞍上が3コーナーから動き始めたものの前との差を大きく詰めることはできませんでした。上位勢とは切れる脚の差がでた結果です。とはいえ、四肢の回転こそ速まらないものの大きなストライドでゴールまで伸びていました。高橋師は「結果だけ見れば残念だが、今後変わってくる感触を得た」と悲観していません。使った後も問題はなく、中1週で来週、東京・芝2000mへの出走も視野に入れています。

マイネルタイドは、31日(土)、東京3Rの芝1600mに松岡騎手で出走します。前回のレース後から時間をつくってゲートでの駐立練習を行っており、だいぶ中で大人しくできるようになってきました。ゲートさえ普通に出て流れに乗れれば、勝ち負けできるはずです。水曜日の追い切りは格上で攻め動くテラノファントムと。スタートから馬体を併せていき、ゴール前で仕掛けて併入しました。跨った調教助手は「文句のない動き。前走は真面目に走ってなくて、レース後もすぐに息が入ってケロッとしていた。攻め馬の方がフーフーいっているくらい。実戦に行って馬がやる気になってくれるかどうかですね」と変わらず能力の高さを評価していました。巻き返しを期待しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
らふぃあん トレセン在厩馬近況(10/30) たいくつしのぎ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる