たいくつしのぎ

アクセスカウンタ

zoom RSS きゃろっと 2歳馬近況(11/04)

<<   作成日時 : 2009/11/04 20:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ローテスクライトは、相変わらずテンションが高いようで思ったより馬体回復に手間取っているようです。なんとか今年中に復帰して欲しいのですが
ヴェルバーノは、左前の疲れに注意しながら乗り込み中。しっかりケアをして焦らず仕上げて欲しいところです。
ピットスポルムは、追い切りをおこなっています。軽い馬場が得意なようでデビュー戦は良馬場を期待したいところです。
デルフィニウムは、まだまだゆっくり仕上げ もともと使い始めがゆうくりな厩舎ですから焦らずいきましょう。。
トロサックスは、熱発は収まりましたがもう少し様子を見ながら移動時期をきまるようです。次回はしっかり栗東にたどりついて欲しいですね。。

ローテスクライト
周回で軽めのキャンター調整を行っています。「相変わらずテンションが高いので、落ち着かせるように軽めで乗っています。移動当初は発汗が酷かったのですが、ここ最近はあまり見せなくなってきたのはいいことですね。カイバはあまり食べてくれないので、しばらくの間は今のような取り組みで時間をかけて良化を促していくことになりそうです」(山元担当者)

ヴェルバーノ
坂路でハロン18秒のキャンター調整を行っています。「引き続き、坂路での調教を行っていますが、過度な負担がかからないように1日置きに登板本数を1本から2本に変えています。左前脚に疲れが出やすいので、しっかりケアしながら乗り込んでいきたいと思います」(山元担当者)

ピットスポルム
4日は栗東Pコースで追い切りました。「今朝は馬場が重いので、軽いPコースで併せて追い切りました。週末にも時計を出しているのですが、そのおかげで行きっぷりもよく、最初からしっかりハミを取って集中して走っていました。坂路よりもこういう軽いコースの方がキビキビした走りをしてくれますね。馬房では相変わらずうるさいのですが、運動や馬場入りなどで手こずることはありません。あまりテンションが上がらずいい精神状態でレースに向かえれば、かなりいい末脚を持っていそうなので楽しみです」(安田景助手)今のところ22日の京都競馬(2歳新馬・芝1400m)に岩田騎手で出走を予定しています。

デルフィニウム
屋外周回コースでハロン18〜19秒のキャンター2000mの後、屋内坂路でハロン16〜17秒(週2日はハロン14秒程度)のキャンター1本を行っています。「しっかりした負荷をかけていますが調子を落とすようなところがないのは、心強い限りです。移動後にスムーズに進めていけるよう、芯からの力強さを身につけられるよう、取り組んでいます。馬体重は467キロです」(早来担当者)

トロサックス
坂路でハロン18秒のキャンター調整を行っています。「熱発が落ち着いてからは体調面も安定しており、継続して乗れています。いったん楽をさせたことも影響して、まだ移動できる態勢は整っていません。まだ随所に幼さも残るし、もうしばらくはこちらで移動に向けて乗り込んでいきます」(山元担当者)


尚、 写真使用や文章の引用に際してはキャロットクラブより
許可を頂いて転載しております 。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
きゃろっと 2歳馬近況(11/04) たいくつしのぎ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる