たいくつしのぎ

アクセスカウンタ

zoom RSS きゃろっと 2歳馬近況(12/22)

<<   作成日時 : 2009/12/27 08:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ローテスクライトは、1月末の入厩予定がきまり調整中。やはりこの馬は馬体重との戦いになりそうです。
ヴェルバーノは、脚元をケアしながらの乗り込みとなっており舞う少し時間がかかりそうな感じです。春あたりの入厩でしょうか?
ピットスポルムは、の仕込みが進み、気が立ってきたようで・・・こちらは気性との戦いです(^^ゞ
デルフィニウムハ、ダートで1月デビュー。ちょっと予定外ですが、牝馬限定戦ということもあり期待としてはしっかり乗り込んで勝ち上がって欲しいです。
トロサックスは、ゲート練習中。こちらも気性に問題がありそうな感じで。。。。ちょっと心配です。

ローテスクライト
周回で軽めのキャンター調整を行い、週2回は坂路で15−15を行っています。「馬体は相変わらずですが、乗る中でガクッと減ることはなく410キロ台をキープできています。以前は速いところを行えば、その分だけ減っていたことを考えると、今はいい傾向にあると思います。この調子で、じっくり乗り込み、来年の2月ごろまでに帰厩のメドを立てられればと思います」(山元担当者)
「体がもっと増えてほしいですが、乗り込む中で減ってはいないのは悪くないことでしょう。このままのペースで乗り込み量を積むことができれば、1月の後半あたりに戻すことを考えたいと思います。今のところ2月の東京開催での出走を検討しています」(鹿戸雄師)

ヴェルバーノ
坂路でハロン18秒のキャンター調整を行っています。「負担がかかりやすい前脚のケアを入念に行いながら乗り込んでいます。先週までは坂路1本のメニューでしたが、今週から2本に増やす予定です。本格的な調教を行うにはもうしばらく時間が必要かもしれませんが、焦らず進めていきたいと思います」(山元担当者)

ピットスポルム
坂路でハロン17秒のキャンター調整を行っています。「坂路を2本上がる調教を行っていますが、乗っていくに連れて馬房の中でイライラする場面が増えています。今のところカイバの喰いに問題はありませんが、不安定な要素であることは間違いありません。精神面の成長を促していきたいと思います」(GW担当者)

デルフィニウム
23日は栗東坂路で追い切りました(55秒1−41秒3−27秒8−14秒1)。「今朝は格上と併せて追い切りました。時計は14−14程度で予定どおりです。前半は引っ張りきりの手ごたえでしたし、まだ余裕十分。なかなかいい走りをしますよ。脚元もむしろスッキリしてきていますし、問題なさそうです。普段は隣に馬が寄ると怖がったりするのですが、調教では併せると前向きさを見せますし、気性的にも実戦タイプのようですね。素直で乗り手の指示にもよく従ってくれます」(杉山助手)1月11日の京都競馬(3歳新馬・牝馬限定・ダ1400m)に川田騎手で出走を予定しています。

トロサックス
23日はゲート練習を行いました。「入厩当初から馬っ気が気になっていたのですが、今朝のゲート練習でも立ち上がったりゲートにもぐってみたり、かなり気性のきついところがあるようです。入厩して間もないので、環境に慣れてくればもう少し落ち着くとは思いますが、ひどいようなら矯正馬具の使用も検討します」(西園師)


尚、写真使用や文章の引用に際してはキャロットクラブより
許可を頂いて転載しております 。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
きゃろっと 2歳馬近況(12/22) たいくつしのぎ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる